パチスロ と は

パチスロ と は

 俺の内心を知る由もないエルピディオ様は、ただ領主を継承するという事実だけを言葉にされたのだろう

「其方の事業は、大きすぎる

老齢の私や、セイバーン殿には重い

 であるから、次代の其方が今から取り纏め、全てを把握していくというのは、正しい選択と思う

あなたも好きかも:スパーキー&ショーズ
 これを次に引き継ぐ時は、更に大変であろうな……」 そう、溜息と共に呟いたエルピディオ様は、意味ありげな視線を俺に寄越した

「それで

あなたも好きかも:パチスロ 規制 撤去
 其方はまだ、婚姻を結ばないのかね?」「はい……

サヤの成人を待つという約束なので」「早く後継を見せてやることが、一番の孝行と思うがね」「はい……

 ですが、そこももう、父上とは話しをつけておりますので、ご安心ください」 血から次を選ぶことはしない

 サヤとの間に子ができるとは限らないし、もし恵まれたとしても、その子に領主たる勤めが果たせるかはまた、別の問題だ

あなたも好きかも:ザ・レジェンド・オブ・シャオリン
 父上はそれで良いと言ってくれたし、重鎮らにもその話は通してある

 実際父上が身罷った後に、その約束が守られるかどうかはまた、別の問題だか……、それまでに盤石な体制を整えておくつもりだ

「セイバーンの先は、安泰だと思って良いのだね?」「はい

そうあるべく日々を重ね、その日を迎えるつもりでおります