スロット 上の機械

スロット 上の機械

そんなに慌てなくても良かったのに」「そういうわけにはいきません!」 サラサとしては、考助が家にいることがわかっているのに、のんびりと帰ってくるわけにはいかないという思いがある

 息を乱すような見苦しい状態にはなっていないが、急いで帰ってきたのはすぐにわかる状態だった

「申し訳ありません

すぐに身を整えてきます!」 勢いよく返事はしたものの自分の状態に気付いたサラサが、慌てた様子で頭を下げて、ばたりと扉を閉じて、自分の部屋に行ってしまった

あなたも好きかも:スロット ウィキペディア
 唖然とした様子でそれを見ていたリクたちに、シュレインが苦笑しながら聞いた

あなたも好きかも:パチンコ 八万負け
「あのサラサで間違いないじゃろう?」 そのシュレインの問いかけに、リクたちは無言のまま首肯した

 サラサは、クラウンができた当初からカウンターで受付嬢として働き続けてきた実績がある

あなたも好きかも:川崎大師 パチスロ
 ここ五年ほどは立場も変わってほとんどカウンターに顔を見せることはなくなっていたが、それでも冒険者たちの間からは絶大な信頼と人気を得ていた

 奴隷という立場である以上、そこまでの信頼を得るまでには相応の苦労を重ねてきているのだが、それを知られているからこそでもある

 勿論、全ての者たちから好かれているというわけではないが、それでも他の受付嬢たちからは一線を画すほどの人気を得ているのも確かなのだ

 と、代わる代わるに『烈火の狼』の面々が説明をするのを、サラサ当人は困った表情で聞いていた

「・・・・・・なんというか、自分の話ではないみたいですね」 最後にサラサが漏らした言葉で、彼女自身が今まで周囲の評価を知らずにいたことがわかる