パチンコ金馬車 大洗

パチンコ金馬車 大洗

 絵を描くことに置き換えてみましょう

 ラフスケッチから下書きの線を書いてペン入れをするところまでが「形状」です

あなたも好きかも:池袋 パチスロ プレゴ
 ペン入れをした後に色を塗っていき、パーツの色分けをしていくところまでが「色彩」になります

 そして鋼鉄製の刀剣や革手袋などの「質感」を付け加えるのです

あなたも好きかも:ファスナー スロット
 あとは全体を微調整して絵が完成します

 微調整は「推敲」のことだと思ってください

 小説も同じです

「形状」「色彩」「質感」を書くことで、読み手の脳裡にイメージが明確に焼き付きます

 書くものがあるのに書かないのはただの怠慢です

最初から期待しない(4/4) 処女作は後で読み返すとかなり恥ずかしいものです

 今回は「毎日物語を妄想していることが好き」なことが小説をうまく書くコツというお話となります

妄想していますか 皆様には「もしこうなったら現実はもっと面白いのに」「もしここでこんなことが起きたらどうなるんだろう」「もし意中の異性から告白されたらどうしよう」といった「妄想」を抱いたことはありませんか

 私は恋愛の「妄想」こそありませんでしたが、「こうなったら面白いのでは」「こんなことが起きたらどうなるんだろう」といった「妄想」はよくしています

 私は高校生の頃に「自動車に乗っていて、もし運転手が運転困難な状況に陥ったら、どう対処すべきか」について、かなり綿密に「妄想」していました

 そして実際にその場面はやってきたのです

 妄想してから十年ほど経った頃、軽自動車の助手席に座っていた1月1日未明のこと