パチスロ shake3

パチスロ shake3

「立花、君?」 一応、他の男子の手前だ

一歩退いた立場で窺い覗き込み、楽しそうな会話を中断させてしまうことに申し訳なくそっと声を掛けると、彼らは「……へ?」と、キョトンとした顔で優樹を振り返った

あなたも好きかも:パチンコ レイヴ
余所で「立花」と呼び捨てしていることを知っているからだろう

「何を今更……」と不思議そうな目を向けられ、優樹も「……あ、あれ?」と戸惑い、立花は立花でじっとりと目を細めた

「気持ち悪ぃ呼び方すンじゃねえよチビ」 無愛想に睨み下ろされ、話を楽しんでいた男子たちに「プッ!」と吹き出し笑われてしまった

しかも、聞こえていたのだろう、傍の机に座っているクラスメートたちにも

あなたも好きかも:god パチスロ ?の意味
 恥ずかしさに頬を赤くして優樹はムッと口を尖らせると、「ちょっと来てっ」と袖を掴んで引っ張り、誰もいない教室の後ろで足を止めて見上げた

「……意地悪っ」 まずは頬を膨らませて不満をぶつけるが、立花の方は痛くも痒くもない

我関せずを気取って胸の前で腕を組み、壁に軽く背もたれた

「で? なんだよ?」 サラッと進められて、不完全燃焼だが優樹は渋々と手に持っていた紙を上げた

「あのね……、さっき机の中見たら、こんなのが入ってたのね」 立花は差し出された紙に目を移すと、組んでいた腕を解いて受け取り広げて見た

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 初代 設置店
「その人、知ってる? 名前、なんて読むの?」「フシミヒロタカ、だろ

……どっかで見たことがある名前だけどな……」 曖昧な口調と共に怪訝に眉を寄せて首を傾げられ、優樹は「え?」と少し目を見開いた

「ホントに?」「ああ

けど三年だろ? ……同級に伏見っていたような気が」 呟き思い出そうと考え込んでいたのもほんの数秒