スロット 必勝 本

スロット 必勝 本

「お疲れさまです」        「ああ

支部長は」「外出してますが、何かご用ですか」「いや、また後でいい」 取りあえず中に通される私達

あなたも好きかも:パチンコ ビバップ
 会話を聞いている限り、上下関係があるようだ

  私達ガーディアンにもそれは存在するけど、あくまでも役職だけの話である

 それは組織である以上否定出来ない側面だし、また彼等が統制されたグループであると推測出来る

あなたも好きかも:オンラインゲーム 回線速度 向上
 まあそういう推測は、ケイに任せるとして

「彼等にお茶を」「あ、はい」 きびきびした動作で女の子が奥へ消えていった

「座ってくれ」「どうも」 遠慮もせず、腰を下ろす

 いいソファーらしく、背中が半分くらい埋まってしまった

  室内は広く、奥にもさらに何部屋かあるようだ

 見た限り、どうやらフロアの半分は占有している様子である

 テーブルや調度品も高そうだし、棚に並んでいる警備機器やAV機器も良い物が揃えられている それはともかくこれだけの装備と人数を考えたら、威張りたくなるのも無理はない

 下らない事だけど

「どうぞ」「ありがとうございます」 お茶を持ってきてくれた女の子に会釈すると、優しく微笑まれた

 さっきケイが話した子もそうだけど、まともな人も結構いる

 むしろ、そういう人の方が多い気もする

 もしかして威張っているのは、私達を目の敵にしてる連中だけじゃないのかな