ビッグドリーム パチンコ 口コミ

ビッグドリーム パチンコ 口コミ

「どうした? オルヴェール」「やっぱりこの軽薄男では不本意だったということですよ」「何だと、野菜頭!!」「何ですか? 浮気男?」 この喧嘩をしている間に考えをまとめる

そして、ゆっくりと口を開き、言い訳を始める

「あの、私があの日記を読めた件ですが……」「ああ、それはまた後日で構わない」「いえ、そうじゃないんです! 偶然なんです! 読めたのは……」 さすがにこの発言にハイドラスを始め、研究員達もきょとんとした表情をする

あなたも好きかも:ファフナー2 スロット ウルドコア
「偶然ではないだろう

あれは明らかに読めていただろう、なぞってもいたのだ」「……イメージが流れてきたんです」「イメージが?」 何か遺跡探査とかでこれを見た時、何か息吹を感じるみたいなあれで誤魔化す

「直感力が働いたと?」 ハーディスは俺のあやふやな発言に乗っかるいい発言をする

俺はそれにすぐに乗っかる

「そう! それ! インスピレーション!!」 ハイドラスや研究員一同は少し考えるが、納得したような感じで話に乗っかってくれた

「確かにその可能性は十分にあるな

何せこの日記を書いた持ち主はあの勇者だ

あなたも好きかも:2020年 撤去台 パチンコ
大精霊との契約もしていた方だ

そのような因果が残っていてもおかしくはないが……」「でしたら我々にもある程度は伝わるのでは? 我々も自分で言うのはあれですが、研究者としてのプライドがあります

直感力や分析力には多少の自信はございます」 そんな特別な才能でもなければ、研究者はきっと務まらないだろうな、確かに

「いや、彼女は闇属性の才を持つ

そこに惹かれたとすれば……ないことではない」「――っ!! 確かに

オルヴェール殿は闇属性持ちかね!?」「あ、はい……火属性も持ってます」「……何と!?」「……なるほど、お前の直感はそこに関係があるのかも知れん

何せ勇者同様、複数の属性持ちだ

働きかけた理由も頷ける」 いい感じに話が転がっていってるぞ! これなら大丈夫かも

「でもさ、だったらアルビオ君もそうならない?」 ここでアイシアが余計な一言