トレジャー・マイン

トレジャー・マイン

」カレンがいるからという言葉にアイナとレイシャはそれもそうですねと小さくうなずく

あの場にいたカレン・アイギスという女性は静希と対等に接することができる数少ない人物だ

仮に無能力者に囲まれたとしても問題なく対処することができるだろう

あの場にはカレンだけではなくノエルとコナーもいたのだ

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ スロット オーブ
彼らと協力すればホテルからの脱出はそれほど困難ではないと思われる

「俺が運転してるから、お前らは寝ておけ

次のチェックポイントまで時間がかかるだろうからな

」「了解しました」「お言葉に甘えさせていただきます

あなたも好きかも:安来 パチンコ屋
」静希が運転しながら街から離れる中、アイナとレイシャに挟まれたユーリアは呻きながら夢の中で悪夢と奮闘していた

これは夢なのだと言い聞かせながら

ユーリアは勢いよく体を起こした

いや正確に言うなら夢のせいでまるで衝撃を伴って起こされたと言ったほうが正しいだろうか

自分でもどんな夢を見たのかは覚えていないが、なんだか嫌な夢だった気がする

そんなことを思いながら瞼をこすると、自分の座っている地面がやや振動しているということに気付く