ゲーム機 収納方法

ゲーム機 収納方法

だからウィリアムは、何度か試したものの自分の命を絶つことが出来なかった

終焉自身程に強固なその終焉の刃であっても、ウィリアムは自分を殺すことが出来なかった

『終焉がその役目を終えるとしたならば、…………それは、私がその命を終える時だろう

彼はやはり、最後を看取る者でもあるんだ

その役目はとても酷なものだけれどね』だからこそ、例え蝕で資質が反転してしまっても、ウィリアムは必要な魂のパーツとしてこの世界から喪われないのだった

資質の反転で終焉となるものがないこともあり、例え一時的に失われても蝕が明けるのと同時にこの世界に戻されてしまう

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブンao 朝一
『ウィリアムさんの資質と対になっていたのは、修復の魔物さんだったのですか?』『よく比較されることが多かったし、ウィリアムの齎すものを退けたりすることが出来たのは確かだ

けれども、完全な対であるには派生を司らないといけないからね

ノアベルトの持つ資質が一番近しいけれど、彼も生み出すことは出来ない

今代の世界では、その資質を誰かが司ることはなかったね

あなたも好きかも:パチンコ 気持ちいい台
…………遠い昔にあった、精霊の代の世界ではそのような存在もいたらしいよ」精霊や妖精達の、同じ系譜のものを生み出す力はあくまでも承認であり、その精霊や妖精が派生するだけの環境が整っていなければ、生まれてくるものはない

この世界での命とは、とても複雑な要素が絡み合い、条件が整って初めて現れるものである

そこに管理者がいないことは、少しだけ優しさでもあるとネアは思う

全てが手のひらの上にないからこそ、多くを知り過ぎたような長命高位の生き物達でも、世界の営みや未来に希望を持つのだ