ドワーフ ソフト

ドワーフ ソフト

「ってサギ、またきつねうどん?」「……いいじゃない

好きなのよ」「しかし珍しいな」 これで食事だけに没頭しなくて済むと言わんばかりに、しかしさりげなく自然に鬼灯は口を開く――が、横目で見るあやめには隠しきれていない

だがあえて無視しておいた

「そもそも学園に顔を出すこと自体が稀だと俺は思っていたが?」「その通りよ

でも、一段落ついたから顔を出しておこうと思ってね

レンにも逢いたかったから」「なによう、私をいじめたいだけじゃない」「は? すまん、聞き間違いだろうな」「そうですね」「うん……れんちゃんはいじめる方だもん、ね」「ちょっとあんたたち、――私をなんだと思ってるわけ? ちょっとそこ正座しなさい正座

あ、駄目だ今日は針山座布団を用意してないや」「そういうところでしょうに……ま、あんな座学で真理が掴めるはずもないけれど、意識を少し改めたくて来たのよ

――予想通りまったく役立たなかったけれど」「鷺城はその真理を、どのようなものだと捉えている?」 鬼灯が問うと、あやめや聖園も意識を向けるのがわかる

あなたも好きかも:北斗の拳 強敵 パチンコ
それでこそ蓄積学科なのだが

あなたも好きかも:スロット エイリアン
「説明だけするならば、物事のコツのようなものと言うわよ? ただそうね、今の私が知りたいのは、真理を掴む流れであって真理そのものではないのよ

何よりも真理とは、おそらくただ一点ではない

あなたも好きかも:ジューシーハニー2 パチンコ メンバー
花ノ宮(はなのみや)はそこを見間違えてると思う……だけど、そうね」 たとえばと、その場にいる全員を見渡してから鷺花は続ける

「真理とは即ち、事件においてその犯人を指すものである――と、多少の誤差はあれ、あんたたちは考えているわよね」「……そうだな

誤差はあれ、だ」「現実において探偵役は――……いないって言おうとしたけど嫌な人の顔が頭に浮かんだから、基本的に介入しないと言い換えておくわ……なにこれ、暗示でもかけたのあの人」「サギが暗示なんてかかるわけないじゃん」「そう、だね……さぎちゃん、入り込む隙間がないし」「続きを」「ああそうね、条件反射も含めて後で考えておくわ

――で、真理を掴むのは現実にいる私なのだから、相手が空想では意味がない

それでも真理学科の授業がまるで無意味とは思っていないんだけれど……ちょっと前に、その真理を見抜くような状況を見せられたから、困っててね」「体験談ならば俄然、興味も沸くな