パチスロ 地獄 少女 天井

パチスロ 地獄 少女 天井

 タガネはむず痒い気分になる

「行くぞ」 二人が頷いてから手に力を込めた

 少し押せば、重厚な扉は勝手に奥へと開いていく 軋りを上げながら開放された

「これは……」「礼拝堂、なのかな?」 そこは巨大な礼拝堂になっていた

 長く続く身廊(しんろう)の先には祭壇が据えられている

側壁にある高窓から斜陽のように微かな光が漏れて屋内を照らす

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 求人 正社員
 タガネたちはゆっくり進み出した

あなたも好きかも:レトロ パチンコ ゲームセンター 関西
 ところが

 三人が拝廊(はいろう)に立った瞬間、扉が閉まった

 振り返ると、扉の錠がかちりと鳴る

あなたも好きかも:花魁ドリーム 勝てない
「えっ……?」「俺たちを歓迎してるみてえだな」「そ、それなら良いけど……」 カタルは皮肉を真に受ける

 タガネは苦笑する

 いや、彼は拒否しているのだ

 これから起こるであろう不穏な未来を拒否したいがためにの真意を考えなかった、考えないようにしている

 前に向き直った

 そのとき、列柱に設えられた燭台(しょくだい)

 一つずつ火が奥に向かって灯っていく