パチスロ 大負け 動画

パチスロ 大負け 動画

でもそれは、魔物としての美しさだ

見惚れて何て綺麗な生き物だろうと感嘆はするものの、その美しさに心で下す判断が動かされることはなかった

(ただ、…………)誰かの記憶が遠い遠いところで翻る

枕元に置かれた白い薔薇のアレンジメントと、病院のリノリウムの床に煌めく窓からの陽光の反射

真っ青な空の下の進水式で、一瞬だけ絡み合った視線の先であの美しい瞳を瞠っていたひと

あなたも好きかも:スロット 宵越し 天井
雨の降る夜に、煙草の香りとピアノの音のするあの暗い店で、ほんの僅かな言葉を交わしたひと

そんな誰かに、オルガの容姿の配色や硬さはどこか似ている

そう思えば、ほんの微かな胸の痛みが動かないという事もない

しかしそれも、結局は彼本人に紐付くものではないのだった

あなたも好きかも:仕事人 パチンコ 信頼度
(でも、不思議だけれど、私が誰かにどこかの要素が似ていることを気にするのであれば、それはもっと別の要素だったような気がする)ジークに似ているかどうかよりも、或いは大切な家族や古い友人のその要素よりも、今のネアにはもっと心を動かされる要素があるように思うのだ

しかしその理由がまったくわからず、ネアは心の中で首を傾げた

なぜか、オルガを見ていると心が痛むのは、ジークに似ている要素があるからではないような気もしてきた

例えばそう、………彼の三つ編みがひどく気になってしまうのはどうしてなのだろう

「かもしれない

人間には、魔物の心の在り方など不可解なものだろう

非難する訳でも見下す訳でもないが、そのくらいには違う」 「………オルガのそういう考え方は結構好きです」「そうか

それなら良かった

………僕は、よく知らない君のことを、同僚としては結構好きだと思う