牙狼 アニメ パチンコ

牙狼 アニメ パチンコ

あなたも好きかも:武蔵 溝ノ口 パチンコ
「兄さんは私のものだー!」ミーシャの叫び声が聞こえて後ろから抱きしめられたが幻覚なのですり抜けて消えた

さらに仲間たちや、無数の顔も覚えていない俺と出会った人々が次々に話しかけてくる

これまでの数々の強敵たちが、幻覚になり恨み言や脅迫それに感謝なども次々に告げてくる

俺の頭の生み出した幻覚たちの戯言を、笑いながら聞き流していると「但馬、私だ」バウスマーの声も聞こえる

「なんだ

あなたも好きかも:パチンコ 藤
俺の役目はもう終わる

あなたも好きかも:スロ 勝て ない
 ゲスナルドに言ってくれないか?」幻覚に笑いながらつぶやくと「いや、私の精神体の一部を君に退避させていた

 君の仲間たちの使用していた精神世界の空きを使ってね」「幻覚にしては設定が凝り過ぎだな

 あとでゲスナルドに話をしてくれないか?」バウスマーの声は冷静に「……そうしよう

君たちが再融合するのを待っている」変な幻覚だった

だが、痛みが薄れてきて、同時に意識が霞んでいく

「よっしゃ!ニバンちゃん寝たわ! 今のうちよ!三、四、五を一気に起動させちちゃいましょう!」モニターを見たドルナジャがドドンガに肩で立ちあがって激しく指示し始めてドドンガは迷うことなく、言われるがままに様々な色のレバーを引きまくり大小のボタンを押しまくりだした

モニター内では、地中から十メートルほどの怪しげな微笑んでいる僧侶の石像がせりあがってきてさらに紫のゲル状の物体が長城の壁から大量に滲みだしてきた

「……」大丈夫かどうか訊きたいがドドンガも巻き込んでドルナジャは操作にヒートアップしているので黙って荷物に座って、モニターを眺めているしかない

せりあがってきた石像はその場でグルグルと回転し始めた

ゲル状の物体は、さらに長城の壁から滲みだしてきて壁を滑り降りて、ボタボタと地上に落ち始める