うる星やつら スロット 119

うる星やつら スロット 119

「おいおい、これはやばすぎだろ……! 『ダークスフィア』!!」 書物の知識で知っている魔法だ

確か、高位の闇属性攻撃魔法だったはずだ

あなたも好きかも:パチスロ パワフルアドベンチャー
 パリンクロンの影から闇が溢れ、黒い球体が無数に出現しようとする

 もちろん、僕はそれに干渉する

このとどめの魔法は、そういう魔法だ

 僕は水晶の剣をパリンクロンへと向け、魔力でできた薄青色の幹を前方に倒す

あなたも好きかも:パチスロ うっちぃ
 その結果、『次元の冬(ディ・ウィンター)』の領域がパリンクロンを魔法ごと呑みこんだ

そして、いくつかの黒い球体を発動前に霧散させる

 もちろん、薄青色の幹に釣られて、赤い花も動く

 冷気によって弱った闇の魔法へ容赦なく炎が襲いかかっていく

炎の花弁たちによって全ての黒い球体は一瞬で食らい尽くされた

 こうして、『ダークスフィア』は二人の合わせ技によって、強引に『魔法相殺(カウンターマジック)』された

 パリンクロンは迎撃の魔法の全てを失い、火炎を防ぐ術がなくなる

結果、マリアの生み出した火炎の直撃を許してしまう

 じゅわっと重い音が鳴り響き、身体を構成する黒い液体が蒸発していく

 その間、炎の花弁が蛇のようにパリンクロンへ纏わりつき、防御も逃亡も許そうとしない

 そんな地獄のような魔法の中、声が聞こえてくる

「――あ、あァア、あ――、アア、『あえかに死(うしな)った』『意よ義よ無為なる矜持よ歓びよ』――、『もう全てが還らない』――!」 聞いたことのある詠唱だった