スロット マヴラブ

スロット マヴラブ

 そして、俺は追いつかれ……そして追い越された

あなたも好きかも:せんらんかぐら スロット
『まさかのスルー』『どういうことなの』『知らない間に擬態能力を覚えたとか……』『犬と一緒に走ってたらこういうことある』『敵がわんこに見えてきた』 俺はそのまま洞窟の外に出て、折れたモノリスのもとへと駆ける

 そして、洞窟の方へと振り返ると、洞窟の中から青い立方体が次々と周囲に向けて飛びだしていくのが見えた

「あー、これ、島に敵の兵器をまき散らしちゃった的な……」「そうなりましたね」 ヒスイさんが淡々と相づちを返してくる

ヒスイさん、ゲームクリア済みだから俺の失敗する様を黙って見守っていたんだな……

まあ、シナリオの進行フラグが立ったとでも思おう

 俺は次にどうするかしばし悩んだ後、箱舟の村に戻ることにした

 折れたモノリスに手を触れ、転移する

あなたも好きかも:三原 市 パチンコ 店
「って、あれ、村は?」 転移した先には、何もなかった

俺は慌てて周囲を見回すと、箱舟もない

あなたも好きかも:江南市 スロット
ただ一つ、赤く輝くモノリスだけがあった

 転移先を間違えたか? そう思い、モノリスに触れようとしたそのときだ

『我が子、ヨシムネよ』 モノリスに、女王リドラの姿が映った

『レムリア兵が村へと襲ってきたため、箱舟は、現在上空に逃れています』「こっちに来ちゃったかー」『箱舟がある限りアトランティスの人々は不滅ですが、死を経験させたくはありません

ですから、村と村人は箱舟の中へと保存してあります』「あ、そういうこと」 見渡した限り、村と村人だけでなく、育てている途中の畑もなくなっているようだな

『我が子よ、どうか、レムリア兵を倒し地上の安全を確保してくださいませんか

箱舟が破壊されては全てが終わりです』「空の上は安全なのか?」『はい、レムリア兵は、一定高度より上を飛べないようです』「そっか、じゃあこっちはどうにかするよ