ブラックジャック「二人目がいた」

ブラックジャック「二人目がいた」

「充分です」「……強いな、おまえさんは」「へへっ、でしょう?」 セインが朗らかに笑む

「さ、ぐずぐずしてられません!」「……ああ」「行きますよ

あなたも好きかも:風魔の小次郎 パチンコ 評価
私と、みんなを助けに!」 セインに手を引かれて

 タガネは出口へと走り出した

あなたも好きかも:パチスロ 優良 台
「今まで何処か手を抜いていたグラオの本気か

此処からは完全に未知の領域だな」「うん

あなたも好きかも:パチンコ パチスロ 検定通過
ライとの戦いでもそれに近い力は使っていたんだろうけど……本当の本気……検討も付かないね」 威圧感が高まったグラオに対し、警戒を高めつつその威圧を肌で犇々(ひしひし)と感じているエマとレイがその順に話した

 グラオの本気

言葉だけの本気なら何度か目撃、体験し、話にも聞いていた

だが、今回はそれとは全くの別物と考えても良いだろう

それ程までの力を解放しようとしているのだから

「取り敢えず、今更御託も何も要らないよね

じゃあ──仕掛けるか」「「……!」」「「……!」」 その刹那、レイたちが反応するよりも前にグラオが超速で移動し、レイたち四人を吹き飛ばした

 正面に居たレイ、フォンセ、リヤンの三人と背後に居たエマが同時に吹き飛ばされ、虚無の空間にある大地を大きく抉りながら直進する

それと同時に数キロ程吹き飛ばされて何とか停止し、グラオが居た方向に視線を向けた

「これしか飛ばなかったか

最低でも複数の銀河を越えるくらいの気持ちで仕掛けたけど、やっぱり強いね

君達」「……っ」 吹き飛ばされた方向は全員が同じ

正面のレイたちは兎も角、背後に居た筈のエマですら同じタイミングで吹き飛ばす程のグラオの力