パチンコ やめたい 助けて

パチンコ やめたい 助けて

「……」一難去って、また一難か

「タカユキ!隣に座れ!セイ様の キョウ見学プランを、皆と話し合っていた所なんだ」「そ、そうか……あのマリミさん良かったら 何か、俺と山口に食べるものを……」「あ、そうですね

お昼の残りで おにぎりでも造ってきますね」「私も手伝うよ

あなたも好きかも:福岡 港 パチンコ
にいは、セイさんの話を聞いてあげて」マリミとシズカ姫はそそくさと調理場へと出て行った

仕方なく、セイの隣に座る

山口はニヤニヤしながら、その逆隣りに座った

「タカユキ、賢いセイ様はな

 この家で、シズカの顔を見た瞬間、閃いたんだよ

 この哀れな田舎国家の、上級皇族であるシズカならば キョウ一の浮世絵師であるナンカイ! そう、天才ナンカイに、あっさりアポをとれると気づいたんだよ!」「あーつまり、シズカ姫に無理を言って 迷惑をかけていたと……」それで二人とも逃げるように部屋から出ていったのか

困惑していたらしい

「迷惑じゃないぞ?権力は使わないともったいないだろ? できるだけ濫用して、庶民を踏みつけていけ」セイは首を傾げている

あなたも好きかも:江戸川区 一之江 パチンコ
いつものアホ暴言である

あなたも好きかも:スロット 山佐 新台
調子は良いようだ

「で、そのナンカイさんに会いたいわけだな」「当たり前だ!セイ様、ヒトツメやジロウの他にも もっと、浮世絵師を知りたいんだ! あいつらには……もう会えないしな……」「そっちもまだ拗れてんのか……」魔族国で浮世絵販売会社を造って大失敗した時に見放されたままなのだろう

「けれど、バイタリティ溢れるセイ様は もう失敗はしない

ナンカイと仲良くなって そしてまた、魔族国で浮世絵販売をするつもりだ!」「……」まだ諦めていなかったらしい

独りでやらせると、今度も間違いなく失敗するだろう