アイ・オブ・ザ・クラーケン

アイ・オブ・ザ・クラーケン

……図書館で片付けしてて、終わって

……一人で走って図書館から出て行ったから、追い掛けて

あなたも好きかも:パチンコ 機器 中古
捕まえたと思ったら急に泣き出して」「なんですか、その……情緒不安定っぷりは」 淡々とした報告に勝則が訝しげに眉を寄せる

「なんだか変じゃありません?」「どうしたの、って聞いても何も言わなくて

……なんか、足を挫いた、って言ってたわ

……もうずっと泣いてるし

帰りたいって、そればっかりで」「お家が恋しくなっちゃった?」 加奈が顔をしかめて首を傾げると、「……さあね」と生美は力なく振った

「よくわからないわ

……ホント、何も言わないんだから」「……なんかあったんじゃねえのか?」 立花が訝しげに聞くと、隣にいた多美がピクッと眉を動かし、目を細めた

「お兄ちゃん、優樹先輩のことが気になるんだ……?」「……

同じ部活してるヤツだろーがっ」 と、立花は疑い深く睨む多美を睨み返す

 生美は肩の力を抜き、胸の前で腕を組んで椅子に深くもたれた

「ただ片付けしてただけよ?」「なんの片付け?」「図書館の地下にある蔵書室

あなたも好きかも:外国人 パチンコ
貸し出した本が山積みになってたからね」 加奈の問い掛けに生美は肩をすくめて答えた

「最初は二人でやってたけど、あとで図書部員も混じって

みんなでバラバラになってた本を棚に直してただけ」「……、それだけ?」「それだけよ」「一緒にやってたのか?」「別々にやってたけど……」 立花に真顔で問われて答えた生美は、間を置いて気まずそうに顔を歪め、組んでいた腕を解いた

「もしかして……一緒にやらなくちゃヤバかった?」「……かもな」 立花はため息を吐くと携帯電話を取り出した

「流に連絡する

……あいつなら、なんとかするだろ」「……苦情の電話が来そうだわ」 と、生美はがっくりと項垂れ無念さを滲ませる