パチンコ 回収率

パチンコ 回収率

でも親友の俺くらいには良いだろ」「キル、トラ?」「初めまして!俺はキルトラ、僭越ながらアストレアの友達やってる影人です!」「…………」 キルトラの勢いに圧倒されて沈黙する

 少女はしばらく逡巡する様子を見せて微笑んだ

「え、と………」「あ、すみません」「え?」「友達とは言いましたが、実はアストレアには絶交されてるかもしれません」 キルトラは苦笑いしながら訂正した

 アストレアに屋敷へ接近した事情を告白する約束をしたまま、一年も放置した挙げ句にそのまま十年が経過している

 キルトラとしては、約束を反故にしたも同然の行いであり、アストレアからすればそれ以上の裏切りとして刻まれているに違いないと考えていた

 もはや友人関係は終わっている

 アストレアにはそう否定されるかもしれない

「だから、俺が勝手に――」「どうして!?」「うお、びくったわ」 少女が悲鳴じみた声で訊ねる

 キルトラは面食らって少女を見つめる

あなたも好きかも:バンカー バカラ
「いや、十年も約束を放置してるんですよ」「約束」「俺、実はある人に頼まれてアストレアの住む屋敷にいる女の子と仲良くなれって依頼を受けて

あなたも好きかも:サカつく エディット スロット 目押し
その過程でアストレアとは知り合ったんだ」「…………そう、なんですか」「結局、女の子には会えず終い

あなたも好きかも:ヤマダ電機 スロット 廃止
だから、アストレアは依頼関係無く友達なんです

でも、十年前に胎窟でトラブル…………事故にあって一年をかけて深層から這い上がったんです」「一年」 少女が目を見開いて身を乗り出す

 キルトラはまた苦笑して頷いた

「この体、意外と不死身でさ」「…………」「帰って来たら家は焼け落ちてて、街も人はいないし、アストレアも…………」「そうだったんだ」 納得したように少女が頷く

 まるで自分のことのような反応に若干の疑念を懐きつつ、キルトラはそれを無視した

「この俺の事情を話すつもりだった」「…………」「そう約束して一年、だからアストレアもきっと俺のこと」「そんなことないよ」 少女はきっぱりと否定した