とうやまのきんさん パチンコ 天井

とうやまのきんさん パチンコ 天井

 シーラはセイルにすべてを押し付けてしまったという負い目がある

 彼のためにできることはしてあげたいというのが、シーラの本心だった

 そして、タウラルの奪還もまた、それに当たる

 タウラルを奪還し、反乱者を討つことは、セイルの心労を少しでも和らげることになるだろう

「ザイード将軍は、わたしの統治が気に入らないのでしょう」 セイルが予期せぬことをいってきたのには、シーラも驚かざるを得なかった

あなたも好きかも:慶次 スロット 喧嘩祭り
「わたしは、まだ幼く、政治に携われるほどの能力があるわけではありません

あなたも好きかも:パチスロ 下克上
ですから、大臣たちにすべてを任せているのですが、どうやらそれが気に食わなかったみたいで」「だからといって反乱を起こすほど愚かなことはありませんよ」「わたしがもっとしっかりしていれば、このようなことには――」「陛下

陛下はまだ幼い

ですが、幼いなりにもしっかりとなさっているではありませんか

陛下ほど立派な九歳など、ほかにいるものですか」「姉上……」「どうか気をしっかり持ってください

胸を張ってください

なにも怖じることはありません

わたくしがついています」「……頼もしい言葉ですね」 セイルが穏やかに微笑んだ

その微笑みの綺麗さに、シーラは涙が出そうになった

セイルの激動の人生を思えば、なぜそこまで美しく微笑むことができるのだろうと考えてしまう

そしてそんな彼の心を踏みにじるものたちを許せないという感情が湧き上がってくる