パチンコ 天国 三重 店

パチンコ 天国 三重 店

「まずは、サヤの体調について

それから、風変わりなその耳飾についてをお聞きしたいわ」 案内されたのは、先ほどより更に大きく、豪奢な歓談室

絶対上位貴族しか利用しない感じの部屋だ……

 お茶を用意させ、人払いを済ませたリヴィ様は姫様を彷彿とさせられる、拒否を許さない雰囲気でもって俺にそう言った

あなたも好きかも:スネークイーター スロット 設置店
 いや、そんなこと言われましてもね……

 実際、縁を繋いだとはいえ、それはつい先程

あなたも好きかも:大阪 府 スロット
 ホイホイと簡単にサヤの事情を話すのはどうかという気持ちと、女性にこれを俺が言うのはちょっとどうなのだろうと思ってしまったからだ

 女性にとって、あまり耳にしたくない話題だろうし……俺とサヤの関係を……まぁ、耳を見れば明らかなのだけど、伝えるっていう……のも……うん

あなたも好きかも:カジノ クジラ
 そんな俺の葛藤を察したのだと思う

俺より先に、サヤが口を開いた

「実は私……」 今までのことを、かいつまんで説明するのに、半時間ほどかかってしまった

 言うべきこと、伏せるべきこと……諸々の調整が難しく、またリヴィ様にどこまで伝えて良いものかを探っていった結果、サヤがかつて無体を働かれかけたことがあり、男性の性的な視線や、発言等に体調を崩すことがあることと、まだその辺りの心の傷を抱えたままであるため、普段は男装で性別を隠していること

 諸々を踏まえ、俺との婚姻を強制する手段であり、サヤに無理を強いる行為が必要となる耳飾を、与えたくなかったこと

 行為を行わずとも済む、耳飾に匹敵する装飾を、貴族社会に定着させたいと考えていることを説明した

「サヤが従来の耳飾をしていないのは、男装を続けるためなのだと、思っていたわ……」 聞き終えたリヴィ様が、そう呟いて……

 パンパンと手を叩き、使用人を呼ぶと「クオンを呼んでいただける?」と、何故か指示

 そうしてから、ふぅ……と、息を吐いた

「……話しづらい事柄を、無理やり聞いてしまったわね