対馬 パチンコ

対馬 パチンコ

「そうか、そう言ってもらえると助かる

しかし、カケルさまの妹君はすごいな……私がこんな姿になれるとは……あの……似合うだろうか?」 恥ずかしそうに顔を赤らめるコンスタンティア

男勝りの性格と、武勇に優れた帝国の剣として生きてきた彼女にとって、女性らしい恰好をするのは恥ずかしいのだろう

もっと自信をもってもらわないとな

あなたも好きかも:パチンコ 初 当たり
「ああ、綺麗だよコンスタンティア

あなたも好きかも:ボーダーランズ2 スロット レベル
ミヅハはほんの少しだけ光を当てるだけ

あなたも好きかも:bitstarz
輝きを放つのは、お前の持っている魅力に他ならないんだからな」「カケルさま……」「コンスタンティア……」「お待ちください!!」「め、メア!? いつからそこに?」 慌てて離れるコンスタンティア

 待ったをかけたのは、皇女付きの侍女メア

俺が住んでいる地方では珍しい黒豹の獣人だ

助けたときに少しだけ触ったが、艶やかな黒光りする体毛は最高の触り心地だった……ああ、心ゆくまでモフりたい

「……最初からおりましたが? それよりも、カケルさま?」「な、なんだ? メア?」 油断してメアをモフる妄想をしていたので、急に話を振られてちょっとだけ挙動不審になってしまう

「コンスタンティアさまの夫君になられるのでしたら、帝国の伝統にしたがっていただきます」 褐色のメアの顔が明らかに真っ赤になっている

「……帝国の伝統? なんだそれは?」「ふえっ!? わ、私の口からはとても……」 真っ赤になって顔をそむけるコンスタンティア

「よ、夜の生活のために、侍女である私が最初にお相手を務めさせていただきます

そのうえで、足りない部分があれば、私がしっかりサポートさせていただきますので、ご安心を……」 なるほど、皇女を守るためでもあり、世継ぎを残すためにサポートまでしてくれるのか