蒼天の拳 スロット 朝一 ガックン

蒼天の拳 スロット 朝一 ガックン

「久々だ

戦場に立つのは」 オリアンがつぶやくと、ミレルバスは意外そうな顔をした

「君も、出るつもりか」「当然だろう

わたしは君の影だよ」 オリアンは、笑みを浮かべると、彼に背を向けた

戦いになるのなら、準備をする必要がある

あなたも好きかも:パチンコ 瀬戸会館
「オリアン」「なんだ?」 呼び止められて、彼は振り返った

円卓の向こう側で、ミレルバスが立っていた

やけに空々しい魔晶石の光が、彼の全身を包み込んでいる

世が世なら、彼は名君と讃えられながら人生を終えただろう

あなたも好きかも:10月 新台 スロット
それだけの人物だと、オリアンは信じている

「苦労をかけるな」「いつものことだ

気にするな」「いつものこと、か」「ああ

あなたも好きかも:ベルセルク パチンコ 凶熱
昔からなにひとつ変わっていないのだ、君は」「人間の本質など、そう変わるものでもあるまい」「数十年たっての言い訳がそれか」「手厳しいな」「当然だよ」 オリアンは、笑った

苦笑を浮かべるミレルバスの顔に、青年時代の彼を重ねあわせている自分に気づいたのだ