本牧 パチンコ バイト

本牧 パチンコ バイト

「変わったなー、おまえら」 少し残念そうな声に、近くにいた洋一と一平は顔を見合わせた

……どういう意味なのか、よくわからない

あなたも好きかも:スロット 機械 割 一覧
 白川は「……よしっ」と窓の戸締まりを終え、お弁当の入った鞄を持つ優樹を見て近寄った

「なあ優樹!」 近寄ってきた白川を見上げて、優樹は少し微笑んで首を傾げた

「……なあに、マー君?」「遊ぼーぜ!」 にっこりと笑う白川に、優樹はキョトンとした

「……う、うん……いいけど……」「じゃあ、どっか行こう!」「……、えっ!?」 いきなりガシッと手を掴まれ、優樹は焦って足を踏ん張った

「ま、待ってマー君! 私、今から授業だよ!」「いーよそんなのー! どっか行って遊ぼう!」「だ、駄目だよ! 授業出なくちゃ!」「へーきへーき! サボったこと、あんじゃーん!!」「で、でも!!」「行っくぞー!!」「マ、マー君ーっ!!」 足を踏ん張る優樹を、白川は容赦なくズルズルと引きずって連れて行く

あなたも好きかも:ケリ姫 スロット
その姿に、みんなは顔を見合わせていただけだった――

「ま、待ってマー君! ホント無理だってば!!」「いけるいける!」「いけないってばーっ!」 引っ張られながら、戸惑うように、困ったように告げて足を踏ん張り続けていると、白川は足を止めて振り返った

あなたも好きかも:横浜市中区 パチンコ イベント
「……優樹がオレと遊んでくれない」 寂しそうに拗ねて口を尖らす白川に、優樹は「うっ……」と硬直し、慌てて首を振った

「そ、そうじゃないよっ

……あ、遊ぶなら放課後遊んであげるし、ほらっ、五月の連休も遊んであげるしっ」「今がいい

暇だもん」「……、あ、あのねマー君

マー君は暇でも、私、授業があるんだし」「……優樹が遊んでくれない」「そ、そうじゃなくて」 焦って言い訳しようとしたが、その時、始業のベルが鳴り響き、優樹はがっくりと項垂れため息を吐いた

「……マー君……」「諦めろ」 白川はにっこりと笑って、再びズルズルと優樹を引っ張りだす