bonez ライブ

bonez ライブ

おいおい、まったくここまでどれぐらい距離があると思ってんだよ』「はは、私にも分かりますよお爺様

あの子たちにはいつも驚かされます」 長き時を経て再会した祖父に、もうひとりの老人が笑ってそう応える

 空では鷲獅子竜がその光に向けて雄叫びを上げていた

それは、自らの勝利を主人に告げようとしているのだろうと老人たちは理解していた

  ◇◆◇   ◇◆◇ そして、その輝きをとある国の女王である少女と幼竜が見ていた

 すでに彼らに対して魔物たちは背を向けて退却し始めている

 竜統べし存在の血を受け継ぐ幼竜の威光によって、魔物たちは自らの意志でその場を去ろうとしていた

その様子を後目に小さき女王が頰を膨らませていた

『なんだよ

あなたも好きかも:パチンコ 規制 6月
ポータルで追いつこうと思ったのに

あっちももう終わりじゃねえか

あなたも好きかも:広島 大門 パチンコ
クソッ、負けたら承知しねえぞ』『そんなことを言ってはいけませんよレーム

あなたも好きかも:11月 スロット撤去
母上たちは今も頑張っているのですから

けど、この気配は父上もいますね

ズルいです

私も一緒に戦いたかったのに!』 そう口にする幼竜は、心配など一切していない顔であった

愛すべき母の力を彼は疑わない

それに光の中に父の気配も感じていた

ならば、何を不安に思おうか