白山市 パチンコ ホール

白山市 パチンコ ホール

まるで自分とターゲットだけが何もない真っ白な世界に放り込まれてしまったかのように、いつの間にかそれ以外のすべてが消えてしまっている

窓の外で荒れ狂っていた冷たい風や雪も見えないし、誰もいなくなったホテルの部屋の中も見えない

 極限まで集中すれば、こうなるのだろうか

 ――――――証明してやる

 確かにラウラも優秀な狙撃手だが―――――――俺だって、親父から狙撃の訓練を受けているのだ

あなたも好きかも:スロット まごころを君に
テンプル騎士団にはもう1人の優秀なスナイパーがいるという事を、証明してやる

 自分の呼吸の音も、聞こえなくなる

あなたも好きかも:パチンコ屋 アイフォン
やがて鼓動も聞こえなくなり始め、全ての音が消え失せる

 そして――――――ライフルの重みも、消えた

あなたも好きかも:パチンコ 豊商事
 その瞬間、俺はトリガーを引いていた

14.5mm弾を送り出すためのトリガーを少女のような細い指で引いた瞬間、薬室の中でじっと待っていた弾丸が凄まじい音を轟かせながらT字型のマズルブレーキから飛び出していき、雪の中へと突っ込んで行く

 猛烈な銃声を耳にした瞬間、聞こえる筈のなかった全ての音と、見えなかった筈のすべての光景が元通りになる

エジェクション・ポートが勢い良く開き、その中から煙を纏ったやけに大きな薬莢が飛び出して、床の上で金属音を奏でた

 銃声の残響と、排出された空の薬莢の歌声