パチンコ akb48 3 エアーバイブ

パチンコ akb48 3 エアーバイブ

すっとエックハルト兄様の手が挙がった

周囲に見張りの騎士達はいないらしい

あなたも好きかも:箱根湯本 パチンコ屋
 更に先へ行ったアンゲリカが手を横に振る

どうやらその先には人影があるらしい

アンゲリカのいる方向は寮へ向かう扉が並んでいる辺りになるので、中央騎士団の騎士達がいるのかもしれない

 ここは貴族院の中央棟だ

転移陣のある部屋を出れば、領主候補生コースの講義の時に使っている教室がある辺りだとわかる

全ての国境門へ移動できる転移陣があることからも、ここがユルゲンシュミットの聖地なのだと実感する

 先を進むのは領主候補生の送り迎えで、この付近を歩いたことがある領主候補生の側近達だ

誰も声を発さず、静かに月明かりを反射するだけの白い建物の中を進む

あなたも好きかも:釧路 パチンコ マルハン
夜の校舎だと思うと、何だかどこかの教室から理科室の骨格標本のような変な物が何か飛び出してきそうなスリルがある

あなたも好きかも:パチンコ 開店 花
緊張で手足が震えていた

意味のないことを叫びたくなるような緊迫した沈黙の中、騎士達が窓をそっと開けて外へ飛び出していき、次々と木立の中へ姿を消していく

「戻らなくても良いのか?」 小声でフェルディナンドが尋ねた

「行きます」 フェルディナンドが騎獣を出して、わたしを乗せて飛び立つと、木立の中で準備していた他の皆も騎獣でアーレンスバッハの寮がある方向を目指して夜空を駆け始めた

「アウブ・ダンケルフェルガー、ローゼマインです

こちらは中央棟を出ました」 わたしは早速ハルトムートが作ってくれたオルドシュネーリの魔法陣が刻まれた魔紙に声を吹き込み、宛先をスティロで書き込んだ

紙飛行機にしてダンケルフェルガーの寮がある方向へ飛ばす

 夜空を紙飛行機が飛んでいった