25日 パチンコ イベント 福岡

25日 パチンコ イベント 福岡

「あなたのようにこの国の王に忠誠を誓えば、この倦怠感からも開放されるのかしら」 ウルが、テーブルに座ったまま顔を近づけてくる

灰色の目に、キースの顔が映り込んでいるのがわかるほどに近い距離だ

口づけでも求めているのだろうが、付き合ってあげる必要もない

「さあね」 キースは咄嗟に掴んだ果実を、彼女の口に押し付けた

ウルは一瞬戸惑ったようだが、果実を手で掴むと、顔を離して苦笑した

「つれないわね」「君との付き合いは疲れるんだよ」「筒抜けだものね」「そういうことじゃない」「ふふ……そういうことにしておいてあげる」 ウルが意地悪く笑ったので、彼も笑うしかなかった

事実ではないが、それでもいいだろう

明確な言葉にしなければ通じ合えないのが、この異能の欠点なのだ

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラセブン ライト
彼女が懸念するようなことは、これまでもなかったし、これからもないだろう

もっとも、ヒースが気を利かせている可能性もなくはないのだが

 キースは、ふと、不安を覚えた

漠然とした、形の見えない不安は、だからこそ急速に膨れ上がる

あなたも好きかも:パチンコ 店長 ボタン
何に対しての不安なのかもわからない

ただただ心を圧迫していく