スロット ゴッド 神々 の 凱旋

スロット ゴッド 神々 の 凱旋

 書き言葉は文章のまとまりがよく、文の順番にも無理はなく、誰もが読みやすくて意味が瞬時にわかるのです

 話し言葉で書いてしまうとなにを言いたいのかわからない

書き言葉で書くとなにを言いたいのかすぐにわかります

  だからこそ、小説は書き言葉で書きましょう

 話し言葉の小説は軽薄です

 一人称視点では主人公が感じたり考えたり思ったりしたことを地の文でも書きます

あなたも好きかも:三重県 交換 パチンコ
 そのとき主人公は話し言葉で書かれることになるのです

それはいい

ですが地の文の機能で説明・動作の類いでは書き言葉で書きましょう

あなたも好きかも:icd パチンコ し てい いか
 この使い分けがうまくできる人と、できない人がいます

あなたも好きかも:スロット 燃えよ 功夫淑女 リセット
 一人称視点の主人公が感じたり考えたり思ったりすることは、主人公のセンサーを働かせている状態です

とくに心の声文は人物のしゃべり方をそのままなぞることになります

そうでなければ心の中は理路整然とした書き言葉で話すのに、声に出すと話し言葉になるという矛盾が生じてしまいます

釈然としませんよね

 心の声文は会話文と同様、話し言葉で書くべきです

同様に主人公が感じること考えること思うことは、心の声の延長線にあるので、話し言葉で書きましょう

 それ以外の地の文は書き言葉でなければなりません

 小説の基本は「書き言葉」だということを忘れないでください

書き言葉の寿命は長い 書き言葉といえば「〜で候」に代表される「候文」を思い浮かべる人がいます