Wechatオンラインパートタイムマネープラットフォーム

Wechatオンラインパートタイムマネープラットフォーム

……差すわよ」 落ちてくる水滴に、反射的に目を閉じる

 その途端強引に上下に皮膚を引っ張られ、水滴が目の中に落ちてきた

「ちょ、ちょっと」「じっとしなさい」  怖い声を出して、どこからこんな力が出るんだと思うくらいの強さで私を押さえつけるサトミ

 多分私を思っての行動だとは思うが、何度か目を閉じて慣れてからにして欲しい

「モト、早く」「急ぐ必要は無いんじゃなくて」「いいから、ほら」 「私の目じゃないから良いけど」 怖い事を言って、目薬を落としてくるモトちゃん

 何がストレスって、今のが一番のストレスのような気がしてきた

「少しは良くなった?」「即効性じゃないし、痛みを和らげるのが主なものだからね

あなたも好きかも:パチンコ遠隔操作
気休め程度」 目薬をポケットにしまい、目を閉じて息を整える

 痛みは無いし、不快感も殆ど無い

 ただ目を開けても薄暗さは変わらず、二人の姿も若干輪郭がぼやけて見える

 襲われた時点でストレスを感じ、それに対処する事がまたストレスになる

 これでは実戦を戦うには心もとなく、かなり自分が邪魔者という気もしてくる

 いざとなれば理屈抜きで前に出るが、視力の不安は付きまとう

 これは本当に、慣れていくしかどうしようもないな

「みんな戻ってくる

その時点で、カメラをつけるからね」「お願い

新妻さん達は」「今合流した

もう大丈夫みたいだね」 安堵のため息を付く木之本君

 これ以上は、私の目が悪くなるか彼の胃に穴が空くかという競争になってしまう