高速なメイクお金とは何ですか?

高速なメイクお金とは何ですか?

「……ユウ

ここは誰のホテルか知ってるの」「宿泊する人のためのホテルじゃない」「誰も理念は聞いてないわよ

あなたも好きかも:スロット 仕事終わり
矢加部財閥が経営するホテルよ、ここは」 テーブルににおいてある、お勧めメニューのポップの下を指さすサトミ

 そこにはホテル名に続き、小さく「矢加部グループ」と書いてある

 道理で、従業員と肌が合わない訳だ

 もう一度窓を叩きたいところだが、さっきのウェイトレスさんが果物ナイフを持っていたのでそれは止める

あなたも好きかも:オロチ パチスロ
 というか、監視しないでよね

「実際、どのくらい集まると思う?」「1/10行けば良い方でしょう」 綺麗な人差し指を立てるサトミ

 ただ、それは私にとっては意外な数字

 私の予想は1/100も集まれば良い方で、それでも多すぎると思っているくらいだから

「まあ、いいや

あなたも好きかも:千日前 スロット 優良店
一旦寮に戻って様子を見てくる

サトミ達は、先に熱田神宮へいってて」 何となく気後れをしつつ、女子寮の門の様子を探る

 部屋はまだ借りているが、何と言ってもさっき理事と決定的に対立したばかり

 一斉に警備員が飛びかかってきてもおかしくはない

「みんな、待ってるわよ」 笑い気味に声を掛けてくる顔見知りの警備員さん