プレスト!

プレスト!

 学校近くのファミレス

 私達の間に座っている神代さん

あなたも好きかも:中野駅 パチンコ 優良店
 ヒカルを紹介するという理由で彼女を呼び出し、今も楽しそうにサトミ達と話している

 私は笑顔を作るのに、少し苦しいが

「こいつアパートのキー無くしてさ

馬鹿なんだよ」「どんな物でも無くなる時は無くなる

それに、困ってないから」「狭い部屋に転がり込んできて、困ってるのは俺の方だ」 軽い、何でもないようなやりとり

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ オートプレイ
 私の心を騒がせるには十分な

「神代さんって、いつもオフィス来るの早いよね」 何気ない質問

 神代さんはパフェの生クリームを頬張りながら頷いた

「変な奴とか、オフィスの前で見なかった?ほら、俺達狙われれてるから」「たまにいますよ

あたしは怖いから、一度やり過ごしますけど」「それでいい

あなたも好きかも:elona カジノ チップ
逆にそいつらがうろついてれば、他のおかしな連中は寄ってこない」 オレンジシャーベットに差し入れたスプーンが止まる

 少しずつ核心へと近づいていくケイの言葉と共に

「ほら、最近色々おかしな事があるからさ」「そうですね

でもあたしは、何も見てませんよ」 視線を泳がす神代さん

 明らかな動揺の仕草