アロハ

アロハ

あなたも好きかも:静岡 パチスロ イベント
・・・・・・でも、それでも使えないのです」 その言葉で、ルカが何を言いたいのか分かり、ココロは内心でため息を吐いた

 ルカが言いたいことは分かる

 もしルカが持っている物が魔道具であれば、言っていることは全く正しい

 重要な魔道具は通常、使える者が限定されるように制限がかけてある

 だが、その制限もきちんと魔法陣を解析して書き換えてしまえば、使えるようにすることは出来る

 もっともそれは、裏技に近い上に普通はそのようなことは出来ない

 あくまでもルカの技術と才能があるからこそ出来ることだ

 残念ながら、今ルカが手にしている神具はそれには当てはまらない

 ココロにしてみれば、それはごく当たり前のことだったのだが、ルカにはそれが分からなかったようだ

 さてどうしたものか、とココロは内心で悩んだ

あなたも好きかも:nvidia ゲーム機
 今までのルカはそれでよかったのだろうが、あるいは今後は神具の本質も知らないといけないのかもしれない

あなたも好きかも:高知 パチンコ
 そこまで考えたココロは、ふと疑問に思ったことをルカに聞いた

「そう言えば、その神具はどうしたのですか?」「母様に確認をして、父様からもらいました」 そのルカの答えを聞いて、ココロは確信した

 二人の父親である考助は、ルカに今よりさらに上を目指せと言っているのだと

 どうしようかと少しだけ悩んだココロは、はっきりと事実を伝えることにした