私は小説のオンラインにお金を稼ぐ方法を書きたいです。

私は小説のオンラインにお金を稼ぐ方法を書きたいです。

 それによって孫悟空は頭を貫かれるが、そのまま煙のように消え去る

次の瞬間にぬらりひょんの背後から一つの影が姿を現した

あなたも好きかも:継続率 パチンコ
「分身か」『……!』 その影に向け、後ろ回し斬りで切り捨てるぬらりひょん

あなたも好きかも:スロット 地獄少女 やめどき
上半身と下半身が切断された孫悟空は煙のように消え去り、次いで三人の孫悟空がぬらりひょんに向けて迫っていた

「フム……如意棒がありながら真っ直ぐに攻めてくるのはおかしいと思ったが……成る程

複数の分身を使って死角から攻めるのが狙いじゃった訳か

あなたも好きかも:ライジング パチンコ 本社
面倒なやり方じゃのう」 三人の孫悟空へ刀を振るい、一瞬にして全てを消し去る

しかし一人だけ消えずに躱《かわ》し、妖力の込められた拳が振り上げられていた

「主が本物か?」『さあな!』 刀を横に薙ぎ、それを躱《かわ》す

それと同時にぬらりひょんの腹部にその拳を放ち、ぬらりひょんの身体を浮き上がらせた

 そのぬらりひょん目掛けて跳躍し、踵《かかと》落《お》としを長い頭に叩き付ける

それによって落下し、轟音と共に大地へ激突して粉塵が舞い上がり小さなクレーターを造り出した

「動きが鋭い……どうやら主は本物のようじゃな……!」『……!』 本物と確信したぬらりひょんがその粉塵から抜け出し、刀の切っ先を正面に弾丸の如く速度で突き刺した

が、それを孫悟空は避け、如意金箍棒《にょいきんこぼう》を構えてぬらりひょんの眼前へ平らな先端を向けていた

『伸びろ如意棒!』「……ッ!」 流石のぬらりひょんも超至近距離から放たれる亜光速の如意金箍棒《にょいきんこぼう》は躱《かわ》し切れず、直撃して再び落下した

 しかし落下途中に刀を抜群のコントロールで放り、的確に孫悟空の胸を貫く