カジノガイド

カジノガイド

今なんかこんな風にお話してるけど、本当なら話すのも嫌なくらいだから」「……ごめんなさい」「謝らなくていいわ

あなたも好きかも:パチスロ ウルトラセブン2
全部私がそう思ってる、そう決めてるだけだし」 ヴィローサはヴィローサで独特の考えがある

プライドもある

あなたも好きかも:パチンコ 本厚木 イベント
元々彼女の想いは自分勝手なもの

公也に想いをもつことになったのも、それからずっとついてきているのも

手助けしているのも

あなたも好きかも:パチンコ ライフライン
それは良いとも悪いとも言えないが、結局のところヴィローサが公也に好かれたい、嫌われたくないゆえのもの

自分の考えもあるが、結局のところ公也にとって良いかどうか

それが彼女にとっての判断基準

ゆえに人への好意も、仲の良さも独特なもの

公也に対するもの以外はなくなっても、捨ててもいいものであるくらい

彼女はそんな存在なのである

「ま、私だとできないこともあるし

私の代わりにキイ様に奉仕することを許してあげる」「ありがとうございます…………でいいんでしょうか?」「何よ? キイ様のために役に立つことは嫌なの?」「そういうわけじゃないですけど……その、表現とか……」「別に表現なんてなんでもいいでしょうに……ああ、そっか

あなたまだなんだっけ? 大事にされていると思うべきなのかしら? それともその程度の価値しかないとみられているべきなのかしら?」 嘲笑うようにヴィローサは言う

実際今のところアリルフィーラは手を出されていない

立場上仕方のないところではあるが、相手を求める欲求が強ければたとえ問題があっても手を出すものではないだろうか

つまりそれほどに相手を求める欲求が少ない、そういう意味でヴィローサは嘲笑っているわけである