郡山 バカラ

郡山 バカラ

ああ、この方に従えば私はいくらでも強くなれるのだとな

その判断を最初からできていればデュヴレオリなんぞに大きな顔はさせなかったのだがな」「ふん、同胞の価値を理解できぬお前なんぞに施してやれる力などその程度が関の山よ」「その程度に殺される者はどの程度なのだろうな?」 再びラミュグレスカが飛び込んでくる

 回避行動――攻撃の種類を見てからでは遅い、迷うことなく自分の体を鎖を使って投(・)げ(・)る(・)

 強引に放り投げたために負傷した全身への負荷が大きい、受身も満足に取れずに地面を転がる

あなたも好きかも:スロット ライター 旅打ち
 その場に残った鎖を粉砕しながらも奴の蹴りは速度を落すことなく振りぬかれた

 もしもその場での回避を選んでいたならば今頃胴体が引きちぎられていただろう

「これは驚いた、自分を物のように投げて逃げるとは

滑稽だな」「……なりふり、構っていられないのでな」 無様な回避方法だがこれで奴との距離が開いた、とは言えこの程度の距離は一足二足で届く距離でしかない

あなたも好きかも:パチンコ 目押し コツ
「……」 位置が変わったことで遠くの視界に同胞が見えた

 同胞は不安な顔を浮かべている

 しかし以前俺を見つめていた時と同じ眼をずっと維持したままだ

 戦闘力など皆無、出会った時など捕虜にするつもりがうっかり絞め殺す寸前だった

 あれ程弱い人間を何故ラーハイトは警戒したのかと不思議に思っていた

 だが今ならわかる、俺が奴だとしても同胞は最も恐ろしい相手だと認められる