裏物スロット

裏物スロット

「居てもいいけど仲良くしろよ」「もちろん、もちろん

シズカちゃんとお風呂も一緒に入っちゃおうかなぁ」「……」シズカ姫は俺の後ろでフォルトゥナを握りしめて殺気を放っている

それを全身で浴びている美射は涼しい顔だ

あなたも好きかも:八王子市 パチンコ 営業中
セイが空気を読まずに「セイ様とあとで行くか?セイ様、さっき、ちょっと楽しかったぞ」「行こう行こう

でもご飯食べたらでしょ」パンタクローが仕方ないなと言った顔をして「受付に行って人数が増えたことと この部屋に食事を纏めて持ってきてもらうよう 言ってくるわ

シズカ姫、付き合ってくれよ」シズカ姫は頷いて、美射を警戒しながら鞘に納めたフォルトゥナを握りしめて、後ろ歩きでパンタクローと共に出て行った

「怖い怖い」ニヤニヤしながらそういう美射に「出現する時と場所を考えてもらえませんかね……」「いいでしょ

どうせお互い、しばらく暇なんだから サカオオ観光でもしましょうよ」「サカオオ城とかか……」「うん

あなたも好きかも:天理 パチンコ 店
イマモリちゃんが統治してる姿も 但馬と見に行きたいし」「頼むから、余計なことすんなよ」「しませんってー」すっとぼけた顔の美射に不安しかない

あなたも好きかも:十条 パチンコ 求人
セイは胡坐をかいて、欠伸をしている

その後、運ばれて来た豪華な和風の夕食を美射とシズカ姫がにらみ合う微妙な雰囲気で食べたあとに結局、美射が怖いシズカ姫はセイと隣の元々の自分に割り当てられた部屋で寝ることになった

そしてパンタクローは一人部屋だ

ゆっくりできそうでかなり羨ましい

美射は満足そうな顔で、俺の隣に布団をくっつける

「いいですなー

いい景色ですよー」そう言いながら、完全に調子に乗っている美射はくっつけた二つの布団の角度を調整し始めた

「離しとけ」「いやだなぁ

隣で寝るだけですって」「……なあ、ちょっと思ったんだけど 精神体って寝なくてもいいよな……さっきお前が言ってたこと考えると……」俺がボソッと呟くと、美射はすぐに言いたいことを理解した顔をして「さすがっ、つまり身体が寝ている時間に 私たちの精神体だけを切り離して、 私が大いなる翼で寝かせているマチカちゃんの精神体も切り離し さっき私が言っていた時間が圧縮された空間に 我々と共に送り込んで鍛えなおすと」「長々と代わりに言ってくれてありがとう……」思いついたことを先回りして全部言われた