Secret Symbol

Secret Symbol

「何がおかしい」「いや

ヤクザが果物ナイフっていうギャップに、ちょっとね

さて、調べるか」 ケイはナイフに付いた粉をさっきと同じような小瓶に入れ、チェックシートらしき物をそれへ近付けた

「純度94%

まあ、妥協するか

あなたも好きかも:シュタインズゲート スロット ランヴォア
それで、量は」「十分用意した

おそらく、市内にある分の9割はここに集まってる

あなたも好きかも:剣 オンラインゲーム
お前、ここの元締めにでもなる気か」「利益を上げる基本は独占だろ

別にいいよ

俺と取引せず、今まで通り自分達でさばいても

あなたも好きかも:ゲーム プロバイダ おすすめ
ただ、学生へのルートはこっちで抑えてるから

将来の有望な顧客を」「貴様」 後ろを振り返り、誰かを捜すような素振りを見せる男

 手下達は首を振り、探している人物がいないという顔をする

「叔父貴はいつ来るんだ」「風邪を引いたとかで

取引は任せると、連絡がありましたが」「それでマージンだけ取る気か」 舌を鳴らす男に追従して笑う手下達

 男はもう一度舌を鳴らし、腕を組んで歩き出した

「俺とお前だけ、というルートでもいい訳か」「そっちの組織内で折り合いが付くのなら」「……付くさ」「卸値をもう少し下げてもらうのなら、にしようか」 男の言質を引き出してからの、後出しとも言える注文

 男の顔は赤く染まり、しかしケイは普段通り覚めた表情を見せている

「あまり調子に乗るなよ」「お互い様だろ