ワイルド・バザー™

ワイルド・バザー™

「我々は、日暮れを待ち、城下町の脇道から城内へと入ります

よろしいか?」「要するに、旦那がめだたねぇほうがいいんだな?」ザルガスが鋭い目つき、髭を触りながらルーナムに問う

城下町や城内の間者に気付かれる時間をできるだけ遅くしたいとの ラングラール様のご意向です」「……間者って、要するにゴルスバウのスパイのことか?」俺がはっきりと言った言葉に、ルーナムは沈黙して、ザルガスは大きく頷く

あなたも好きかも:パチンコ 蹴る
「旦那を秘密兵器にしたいんでしょう

 他国に喧伝したほうがよさそうなもんなのに、わざわざ隠すのには何か理由があるんだよな?」「ええ……以前に」とルーナムは言いかけたところで、ハッと気付き口を閉じる

あなたも好きかも:mm スロット
「……理由があって今は言えませんが、追々分かると思います……」「……旦那はどうしますかい」俺は、森の中で水棲族のリグから言われた"ローレシアンから丸め込まれている"という言葉が気になっていた

俯いて迷っていると隣で話を聞いていたミーシャが「兄さん!!行こうよ!!今は進むしかないよ!」と立ち上がり、拳を振り上げて俺を見つめる

「……分かった

ルーナムさんにこれからの進行は任すよ」老執事は心底ホッとした様な顔をして「助かります

これで若様も……」と何かを聞こえない声で呟いた

あなたも好きかも:ドラゴンボール スロット 2021
ルーナムが赤鎧の兵士たちを全員先にホワイトリールへと帰らせその後、ザルガスや元盗賊団たちそして俺とミーシャは、崖の壁に打ち込まれて造られた幅の広い鉄製の道を夕日が沈み、赤く染まっていく巨大都市の全景を見おろしながらゆっくりと降りていく

崖を降り切った俺たちは、暗くなっていく中がけ下の平野を西側に歩いていく

馬に乗ったルーナムに先導されて、ライオネルに乗ったミーシャ、徒歩の俺と元盗賊団たち、そして未だにライガスが寝かされている馬車をパナスが御者をして進ませる

薄暗闇の目前に城を中心にした巨大都市が見える

いい感じに暗くなってきました」馬上のルーナムが、前を見ながら頷く