おっぱいルーレット

おっぱいルーレット

「八割くらい、あり得るかもしれんかなあ……」 遠慮なく呟くと同時に隣の気配がズーンと沈み込み、一平は慌てて背中を曲げて覗き込み笑い掛けた

「ま、まあっ……アレや! ……仲いいっちゅう感じなだけでな! 気にすンな!」 慰めようにもなかなか気の利いた言葉が浮かばず、はぐらかそうとポンポンと肩を叩く

あなたも好きかも:これぞん スロット
 反町は項垂れ歩きながら「……はあ」と吐息を漏らした

「……ゲームに集中する」「そ、その方がエエわっ、うんっ!」 ポンポンと再度肩を叩いて励ますと、反町は「……くそ」と呟き不快な顔を上げた

「……骨折、放っておけばよかった……」 本気の呟きだろう

あなたも好きかも:パチンコ 相性悪い
 気を取り直しながらも根暗な言葉を吐かれ、「そんなン言うたるなよー」と、一平は情けない笑みで腰を伸ばし、背後で加奈は「情けない」と言わんばかりに呆れ首を振った

 ――反町の気持ちもなんとか鎮まる頃、校舎に入って第二視聴覚室に着くと、ドアの手前で足を止めた反町はじっと室内を窺い、加奈を振り返った

「オレが先に確認するから

あなたも好きかも:まどかマギカ アプリ スロット
少し離れてて」 ドアを開けた途端に、ということも考えられる

 気遣い促され、加奈は素直に頷くと、「行こう」と橋田の袖を引っ張って廊下側の壁に離れた

ただ、一平と岡崎は離れようとはせずに室内を窺っている

 反町は引き戸のドアを見回し、ノックをしてから、間を置いてそっとドアを開けた

隙間から覗くが、誰もいない

自動で開閉出来る防音壁窓が閉められていて太陽は遮断され、天井の間接照明だけの明かりで室内は薄暗い