メガ ミリオネア

メガ ミリオネア

 なぜ、触手の大半が、ディオス神という獲物を残し、フュークルゼイブ号に矛先を向けたのか

 それは、アデスが船を標的にした理由を考えれば想像がつくことだ

あなたも好きかも:関西 スロット 優良店
 アデスが優先する標的は、どうやら、アデスの感知範囲内に存在する対象物の中で、もっとも大きな力を持つもののようだった

あなたも好きかも:パチンコ 名宝 豊橋
 アデスが自分に近いものから順番に襲いかかるという習性を持っているのであれば、魔晶船ではなく、魔晶船と要塞の間に立つセツナたちを最優先で捕食しようとし続けたことだろう

だが、そうではなかった

 セツナは、捕食対象と認定されたものの、それもセツナがカオスブリンガーを用い、“破壊光線”を撃ち込んだがためだろう

あなたも好きかも:神興 スロット
 “破壊光線”の力の純度を認識したアデスが、セツナを捕食対象と定めた

故に触手を飛ばしてきたのだ

そして、その触手は、セツナだけでなく、セツナの周囲にいた力有るものにも分散して襲いかかった

 そうして捕食対象に定められたのは、神々やラムレシア、ラグナくらいのものであり、アデスが手当たり次第見境なく襲いかかり、捕食するような存在ではないことがわかるだろう

 もっとも、騎士団幹部を捕食するついでに破壊した要塞を取り込んでいることからも、アデスの触手は、取り込めるものならなんだって取り込んでしまう習性があるようだが

 そして、セツナではなく、魔晶船に標的を移したのは、魔晶船が莫大な力を蓄えていたからだ

 神威と波光、異なる二種類の力を動力とする魔晶船には、莫大極まる力が蓄積されている

最大威力の神光砲を発射したことで一部機能不全を起こしているものの、動力源が失われたわけではない

むしろ、動力は常に充填されていたのだ

 故にアデスは魔晶船を狙った