四号機

四号機

だけどさ、あいつ怖かったから隠れてたんだ」「ミランダが?」「そうそう

生きてるのに生きていないみたいな感じでさ」 ミランダは、前評判こそ怖かったが、態度はそうではなかった

 だが、モペアは怖いという

 オレ達がミランダに対し抱いた印象と、ドライアドであるモペアが感じた印象

 違いがあったようだ

 モペアは、冗談ではなく本当に怖がっていた

あなたも好きかも:茨木 パチンコ 評判
「生きてるのに生きていない?」「気配も、思いも、何も感じさせない人物だったのです

ミランダは」 モペアの言葉に、ヌネフもうなずきながら同調する

あなたも好きかも:おだのぶなの野望2 パチンコ 甘
 そうなのか

 オレは、ミランダに対して、人が良さそうな印象を持った

 ノアに対しても、年上のお姉さんがからかうような態度だった

 最後の言葉も、ノアを心配しての言葉だった

 だが、気配も思いも感じさせないという言葉を聞いて、もしかしたら芝居だったのかと不安になった

「だけどさ、あたり一帯が氷漬けになっててよかったんじゃないの?」「どうしてなんスか?」「だって、あれほどの呪い子だ

しばらくしたら、この辺り一帯は枯れ木ばかりになってたはずだよ」「呪い子の呪いで?」「そうそう」 強い呪い子は、その身にまとう呪いも強くなる……か

 ノアよりも強力な呪い子であれば、その呪いもやはりノアより強い

 つまり、草木は枯れて、家畜は死ぬ