パチンコ 三宮駅

パチンコ 三宮駅

 神殿長であるわたしが、工房でうろうろしながら話をするわけにはいかないので、隠し部屋で話ができないか、という相談に、うーん、と唸る

あなたも好きかも:パチスロ 無料処分
 わたしの素を知る者は、できるだけ少ない方が良い

あまり馴染みのないインゴを隠し部屋に入れて話をすることに、少しばかり躊躇ってしまうのだ

「ギル、この手紙の返事を書く前に、一度詳しい話がしたい、とルッツに伝えてちょうだい」「かしこまりました」 次の日、ギルはルッツを呼んでくれて、わたしは隠し部屋で話をした

 まずは、工房の管理のために灰色神官を一人、側仕えにするという話だ

あなたも好きかも:パチンコ 上飯田 バイト
「これからも、印刷工房を増やしていくから、ギルが不在になるでしょ? だから、二人で相談して、二人が任せられると思う灰色神官を推薦して欲しいの

ギルベルタ商会ともうまく付き合ってくれなきゃ困るし、ギルと仲が良くない人では困るもの」「フリッツかバルツだな」「ノルトかフリッツなら、任せられる」 わたしの言葉に少し考え込んでいたルッツとギルがそれぞれ思い当たる人物を挙げた

どちらにも共通しているのが、フリッツなので、フリッツを側仕えにすることに決める

あなたも好きかも:パチンコ zent 長久手
「じゃあ、部屋や生活用品などの迎える準備ができたら、フリッツを側仕えにするわ

……本題に入るけど、どうしてインゴがわたしと話をしたいと言ったの? 灰色神官達と改良していく、って話じゃなかった?」「インゴが工房に来てくれて、改良する話をしていたんだけどさ……」 今、工房にある印刷機は一番シンプルな形に作られている

 金属活字で版を組んで、組版を固定して置く箱のような物を作ってもらっているので、版にインクを塗って、紙をセットした後、その箱を圧縮盤の下に置いてプレスできるようになっている

一応圧搾機を改造したものだが、形も何もほぼ圧搾機だ

 インクや紙を置く場所は隣に台を準備しているし、本来ならば、版や紙をセットした台を押したり引いたりすることで、圧縮盤にセットできるはずなのに、それさえ手動でやっているのだから、印刷機として考えると、かなりシンプルで使い勝手が悪い

 今回は印刷機を使ってみた灰色神官達からの改良案を聞き、少しずつ手を加えていくという話になったのだが、ルッツは一応わたしが何となく、こんな感じで、と言っていた完成形の話もしてみたらしい

「……木工工房の親方なら、わかる部分もあるかもしれないと思ったんだ」 ふんふん、と相槌を打ちながらルッツの話を聞いていたインゴは、話が終わると怖い顔で「詳しく知っている奴がいるだろう」と言ったそうだ

「改良するんだから、より良く完成された物を知っている者がいるなら、意見を出させろ

無駄な試行錯誤をさせる気か、って怒鳴られてさ……」 ルッツはそう言って溜息を吐いた

 わたしが知っている印刷機より、もっと良い物が生まれるかもしれないので、試行錯誤は無駄ではないと思うのだが、職人として参考にしたいと言われれば、反論の余地はない