七つの大罪 スロット フリーズ 恩恵

七つの大罪 スロット フリーズ 恩恵

どれだけの人材を集めるのかはわからないが、戦闘能力の高さを考えるとかなり限られてくるのは間違いないだろう

「支部長の私設部隊ってことは、ある程度自由が利くって考えていいんだな?」「そうでしょうね

あなたも好きかも:ミレキャリア パチンコ 評判
あんたがトップになってるって時点である程度の面倒ごとをフォローできる人材を集めたいってところじゃない?」「ふむふむ・・・面白いな」すでに康太は誰を誘うかを考えだしているのか、笑みを浮かべながらどうしたものかと思案を巡らせる

文はその様子に少しだけむくれてしまう

あなたも好きかも:スロット アイム
新しいおもちゃを手に入れたかのような様子だ

さらに言えばその原因も理解している

それだけの部隊の編成を許され、どのようなことをするのか、文にだってわかる

あなたも好きかも:7月7日 パチンコ 愛知
「一応言っておくけど、支部長の裁量でどうなるかは決まると思いなさいよ?勝手な行動をとりすぎるのは厳禁でしょうし、問題解決だけの部隊になると思うわ」「まぁそうだろうな

あの人まだまだ色々抱えてそうだし

でもさ、部隊のトップっていうのはちょっとあこがれるよ

どれくらいだろ?小隊?それとも中隊規模か?」十人程度の人数か、それとも四十人程度の規模か、それによってできることは大きく変わってくる

場合によっては完全に役割分担をするのもいいかもしれない

「そのあたりは不明ね

あんたが欲しい人材をどんどん身内に入れていった結果って感じじゃない?今のところできても小隊規模かしら」「そうだなぁ・・・俺に協力してもいいって言ってくれるような人って限られるからな

自分の人望のなさが恨めしいぜ」人望がないというよりは危険視されすぎているというべきなのだろうが、それもまた人望の一つだろうかと文はため息をつく

確かに康太に従ってもいいといってくれるような魔術師はかなり稀有だろう

だがそういった人物を増やしていかないと、康太はいつまでもほとんど身内間でのやり取りしかないような魔術師になってしまう

康太をより社交的にするのもこの部隊編成の目的の一つでもあった

「あとは、あんたと一緒に行動させることで他の魔術師の戦闘能力や問題解決能力の向上を図ってるっていうのもあるんじゃない?一種の強化塾みたいなものよ」「なるほど、確かに倉敷という成長例もあるしな