100円 ゲーム機

100円 ゲーム機

大方、戦術で無茶苦茶言って、バウスマーと揉めたとかだろう

「一番めんどくさい状態で押し付けるなよ……」マイカはニヤリと笑って、チッチッチッと指を横振る

あなたも好きかも:うまこ パチスロ
脱力しながら「……めんどくさい状態で押し付けんなでゲス」言い直したその瞬間、貴婦人の両目だけがグルリと回って横にいるマイカを見つめた

マイカも体を動かさずに、ギョロリと両目だけで貴婦人を見つめ返す

「あの……」俺に分からない会話なのか闘いなのかがとにかく謎コミュニケーションが目の前で始まったのに何となく気づいたのでそのまま寝室へと俺は逃げ込む

まだ、マロンとルガゥはスヤスヤ寝ている

あなたも好きかも:山形県 スロット イベント
恐らく、早朝だと思うので荷物からドドンガが漬けた野菜や干し肉などを引っ張り出して齧っていると胸元から、邪神が顔を出してきた

あなたも好きかも:ピンク・エレファント 2
「あー良く寝た」機嫌が悪いはずなので刺激しないように「おはよう」とだけ挨拶すると「……ちょっと聞いてよー」ああ、来たわ

さっそく来たわ」俺の胡坐をかいている太ももの上へと乗ってきて「マイカちゃんからもう聞いてるかもしれないけど 酷いんだって!大体の作戦を纏めたら あとはバーシャちゃんにバウスマーがアドバイスするからいいって さっさと蹴り出されたのよ!」「……う、うん」ありそうな話である

バウスマーが言っていた、仲間たちを呼び寄せるためにわざと負けたという言葉も思い出したが、今漏らすと確実にドルナジャが激怒するはずなので、俺は言わないことにする

愚痴を連発する謎小人を刺激しないように壁を見ながらひたすら食べていると「ちょっと!ちゃんと聞いてる!?」「……うん」「そしてもうしょうがないから こっちにさっさと戻ってきたら昨夜のアレですよ! そう言えば、マイカちゃんは!?」「向こうで、貴婦人の空間に焼き付けられた死体と なんか、謎のコミュニケーションとってたぞ」「……そっか

なら、任せましょう

 色々調べたら、危険はなさそうだと分かったからね」「よく寝てたな」話を逸らそうとそういうと「うん

物理体と同調して深く寝てみようかと思って」「……確か、八百九十三階で下層が終わるんだろ? で、ナーシーは俺と一緒にいた大きな存在が 手伝ってくれて、一時的に倒してたはずだから 早いところ向かった方がいいんじゃないか?」その存在に操られたマロンが灰色の闘気を使いこなしていたこともよく覚えているが、どうしても姿かたちや喋った内容が思い出せない

「そうね

ルガゥ君がそろそろ起き……ぎゃあああああ!」ドルナジャは風のような動きのルガゥにサッと連れ去られてさっそく両足を口に咥えられている

「ああ、起きたのか