パチンコ バスタード

パチンコ バスタード

だが、もし予測が外れていたのなら

二人から私を遠ざけて、纏めて仕留めようと言うのなら急がなくちゃならない

アギトには秘密兵器を預けてるあるけど、ゲン老人はおそらく集団を一人で相手するには向いていない

大軍を向けられる前になんとか合流して…………「……あれ、私…………っ⁉︎」 アギトにアレの説明して…………してない? してない! またやらかした⁉︎「お、おお落ち着くのよ

あなたも好きかも:加藤沙耶香 パチンコ
ご老人もいることだし、案外あれでアギトも察しがいいところも……」 マズいマズいマズすぎる! と言うかわざわざ作り貯めておいた霊薬の類も説明してない! 急げ急げ! もう! 急いでるってのに、なんでこんな鬱陶しい迷路なんて進まなくちゃなんないのよ!「……一か八か…………いえ、落ち着きなさい

もし落盤なんて起こして、二人が巻き込まれたらどうするの」 魔力を込めた本気の蹴りなら、きっと壁をえぐりながらでも進めるかしら

あなたも好きかも:つくば 研究学園 パチンコ
と、考えたものの、リスクの大きさに練り上げた魔力を解消させる

道を閉じて窒息死させればいいものを、そうしていないのだから

きっと魔女は、これを余興か何かと思っている節があるのでしょう

ともかくその一点だけが救いだわ

「……我らが父よ

あなたも好きかも:闇を照らす者 パチンコ 曲
どうか二人に大いなる施しを」 もう、祈りを捧げて走るしかできなかった

——やはり彼は連れて来るべきではなかった———— 違う、考えるな

迫る魔獣など余計なことを考え始めた私の頭を邪魔するものにもならない

彼は約束してくれた

私の帰る場所として、市長秘書として、あの場所を守ると