ルーレット あたり

ルーレット あたり

マチカは宴席を走りめけて寝ている白竜へと近づいて、一筋の涙をこぼし「ガルちゃん……」と呟いた

俺たちもマチカの背後へと近寄り美射が「そうよ

あなたの相棒のガルモウグね

あなたも好きかも:パチンコ 国分駅
 当時は、よく皆と一緒に居たものでしょう?」俺は黙ったまま、ガルモウグも昔は綺麗だったんだなと眺める

さらにマチカ振り返って、宴席を眺め「シン、ルリコ、スカタ……イズミマタも居る……」侍や着物姿の女性たちを見つめる

「あなたの腹心でありそして親友だった皆も私が再現したわよ」「……でも、みんな……」「そうね

みんなレッドミラブとの大戦で相棒の竜たちと 死んだわね」「やっぱり私なんかが……」美射はまたため息を吐いて「まだわかんないの?あなたは残ったのよ

あなたも好きかも:パチスロ 魔法少女まどか☆マギカ2
 普通は冥界に行く所を、不屈の精神力でもって 精神体でこっちの世界に留まることを選び そして但馬に救われて、生き返ったの」「……」「たかが恋くらいで、せっかく与えた身体を殺そうとするんじゃないわよ

 彼らの想いを継いでこそでしょうが」「でも……」座り込んだマチカの隣に美射はしゃがみこんで「ガルモウグね……クラーゴン君が冥界で封印を解いたわ」「ほんとですか!?」「ええ

今、ソウタ君交えて、地上の状況を説明しながら 改心させるための対話してる最中ね」俺は黙ったまま、クラーゴン……そうか帰ってこないと思ってたら俺が本来するべき仕事を代わってやってくれいたんだな……

あなたも好きかも:桜ヶ丘 パチンコ
と心の中で頭を下げる

「ガルちゃんが……私の元に……」嬉しそうになったマチカの隣で美射は立ち上がって「はぁ!?何勘違いしてんの!? 今の貴方みたいなショボイのに、会わせられるわけないじゃない!!」「……」マチカは座ったまましばらく考え込みゆっくりと姿勢を正して、美射に土下座する

「リングリング様!!私を鍛えなおしてください!!」美射は腕を組んで、大股開きで頷いて「それでこそ、私がオギュミノスを討伐するために任命した ナホンの勇者ね

さあ、さっそく修行を始めましょう」美射はパチっと指を鳴らす