スロット 当たり 軽い

スロット 当たり 軽い

……優樹ちゃんがここに来たって、私には何もないの

病気が良くなるわけじゃないし、ドナーが見つかるわけじゃないし、退院出来るわけじゃない

なんにもないんだよ」 怒りなどなく悲しげに訴えられ、優樹は戸惑い目を泳がせた

 わかっていたことではあるが、加奈から直接言われると胸に刺さるものがある――

 どう返事をしたらいいのか、どんな顔をしたらいいのかわからず、ただ、涙が溢れそうになる目を乾かそうと瞬きをたくさん繰り返す

そんな優樹に、加奈は次第に表情を険しく変えた

あなたも好きかも:6号機 スロット やめた
「なのに……優樹ちゃんはいつもニコニコして

……笑ってるトコを見るの、すっごく鬱陶しかった

元気をアピールされてるみたいで

私、今元気でしあわせですって感じでっ」 怒りや悔しさ、悲しさも混ざって興奮してきたのか、少し息を乱し出す

あなたも好きかも:賭けゲーム
 このままでは体調にも異変を来すことを恐れ、気持ちを落ち着かせようと、橋田は「加奈さん」と真顔で彼女の肩を掴んだ

「そんなことを優樹さんに言っても仕方がないですから……

あなたも好きかも:パチンコ 柳生十兵衛
少し落ち着いてください」「私は落ち着いてるっ」 戸惑う橋田をギロッと睨んだ加奈は、そのままの目を再び優樹に戻した

「……いいよね優樹ちゃんは