パチスロ モンハン アプリ

パチスロ モンハン アプリ

あなたも好きかも:東栄商事 パチンコ屋
 俺が走って間に合う距離が、あいつには長いのだ

「何処ほっつき歩いてやがるんだああぁぁ!」 おんなじ道を通って帰っているはずなのに、なんで途中で会わなかった

まさか、美少女と間違われて男に声掛けられたとか?それにのこのこついてったとか⁉なんかありそうで笑えねえぇぇ! 先ほどまでぱらついていた小雨は、本格的に降り始め、ただでさえ暗い夜道なのに、より視界が効かない状態だ

あなたも好きかも:リング バースデイ パチンコ 女優
 間もなく門限だ

間に合わなければ締め出される

 レイは王都に知り合いが少ない

気を利かせて俺ん家に帰ってくれれば良いが、遠慮しそうでまた怖い

そうなったらどうなる?夜の街を徘徊?あの美少女みたいな顔で?ずぶ濡れで?酔っ払いに絡まれるじゃすまねぇぞ絶対!「あ、ギル」 とりあえず家に帰って、レイを探すようにお願いしようと走り出したら、呆気なくレイに声を掛けられ、俺は膝をつきそうになった

 いるじゃねぇか………

何処で何してやがったこの野郎!「レイ!お前はどこほっつき…………何拾ったんだ…お前…」 レイの両肩から、腕が垂れていた

 苦しそうに荒い呼吸で、それでもどこか気の抜けたような、平和な顔で

何かを背中に負うている

右の肩には、頭らしきもの…暗くてよく分からないが、髪の毛だよな…それ…

「途中の、路地でね

倒れて、たから

 嫌がって、逃げるし…でも、怪我してて…置いとけない、から」 お前…優しいにも程があるって分かってるか? 言いたいことは幾つかあったが、丁度そこで門限を知らせる鐘の音が鳴り始め、俺は慌てて、レイの背中のものを取り上げる

こんなん担いでたら間に合わねぇ

話は、門の中で聞く」 レイが担いでいたのは、レイと同じくらいの子供だった