スロット 沖ドキ パラダイス

スロット 沖ドキ パラダイス

 世界から隔絶された異空間で、獅徒のだれもが神輪草に囲まれた祭壇にいるはずだ

あなたも好きかも:パチンコ ファン 感謝 デー 高知
 ウェゼルニルは智聖の間、ファルネリアは殉聖の間、ミズトリスは従聖の間、イデルヴェインは天聖の間にそれぞれ待機している

あなたも好きかも:じゃんぐるtv パチンコ
 ただひとり、アルシュラウナだけは、戦闘要員としてではなく、ナルンニルノルの一部として、まったく別の場所にいるのだが、彼について考えるだけで、ヴィシュタルは気鬱にならざるを得なかった

アルシュラウナが人間性を失ってしまったのもすべて、ヴィシュタルのせいとしか言い様がない

 “霊樹”に触れ、“霊樹”から情報を引き出そうとして取り込まれ、“霊樹”と融合した彼は、いまや“霊樹”そのものといっても過言ではなくなっていた

故にアルシュラウナは、ネア・ガンディアにおける最重要機密として扱われ、ネア・ガンディアが誇る圧倒的軍事力の源となっていたのだ

あなたも好きかも:パチンコ 8の日 イベント
 飛翔船も、飛翔戦艦も、獅神天宮も、その発想の源は、アルシュラウナなのだ

アルシュラウナが“霊樹”から引き出した異世界の知識こそ、現在のネア・ガンディアを支える技術となっている

 もっとも、もしアルシュラウナが“霊樹”に触れることがなかったとしても、いずれかの神がアルシュラウナの代わりを果たしたことは疑いようがない

 アルシュラウナが“霊樹”との仲介役を買って出たのは、ヴィシュタルたちにこそ便宜を計るためであり、彼がいまやナルンニルノルの一部と成り果てているのも、ヴィシュタルのせいといってよかった

 ヴィシュタルと――クオン=カミヤと関わることがなければ、彼もまた、グラハムというひとりの人間として、人生を全うできたはずだ

 そう考えると、自分の存在に嫌悪を覚えるのは、自然なのではないか

 そんなことを、彼はこの頃、常に考えるようになっていた

 結局、なにも成していないからだ

 人間時代、イルス・ヴァレに召喚された彼は、武装召喚師として覚醒した