dqx カジノ 金策

dqx カジノ 金策

前の二年生の時も方陣術って索敵でもわからなかったもんな」康太は自分の記憶の中を探り、二年生魔術師と戦った時のことを思い出していた

彼は廊下に方陣術を仕込んでいたが、康太の索敵ではその方陣術に気付くことはできなかった

魔力などをあらかじめ入れておけば康太の索敵には引っかかるのだろうが、方陣術は魔力を入れなければただの文字などに近い

それを索敵で知覚しろと言われてもかなり詳細まで索敵しなければできない芸当だ

隠すというのが目的であるというのなら今回のように見え見えな方陣術の設置の仕方はしないだろう

あなたも好きかも:カジノ 導入
つまりこの方陣術は見つけてもらうことこそ目的なのだ

あなたも好きかも:パチスロ マイ ジャグラー 2
もしかしたらこの中に本命ともいえるような方陣術があるのかもしれないが、それはまた置いておくことにした

「あからさまに見せることで他の魔術師への牽制にしてるってことか・・・一般人にも見えないし、この辺りの魔術師も苦労してるんだな」「自分でその苦労の中に飛び込んでいったんだし仕方ないんじゃない?ここまで露骨なのは私も初めて見たわ」「私もそこまで記憶にないな

こうして方陣術を見せるというのはよくあるテクニックだが、ここまでの数はちょっと記憶にない」魔術師の戦いで方陣術のトラップを使うのはよくあることだ

あなたも好きかも:ブラッド2 スロット
あらかじめ魔力を込めておくことでそれは相手にも確認できるトラップになる

こういったトラップをおとりにして相手の行動を制限し、うまく相手を誘導するというのも戦いにおける一つのテクニックであり駆け引きでもあるのだが、アリスの記憶の中にもこれだけ『見せるための方陣術』がある光景は存在しなかった

それだけこの辺りに大量の魔術師がいるということでもあり、互いに互いを牽制しあっているということでもある

もうちょっとご近所付き合いができないのかと康太は辟易するが、自分とその師匠も人のことは言えないなと眉をひそめてしまっていた